やっほー。 
味噌汁研究家のかじまゆこです。 

あなたの料理が   
楽に楽しくなるように   
味噌汁の魅力を   
いろいろな形で発信しています。 
 




最近目にすることの

多い「働き方改革」。




つまるところ「生き方改革」で、

寝食を整えることが

近道では?

という気がしています。




いいからだの状態で

限られた時間を

どう使うか・・・。





きっかけはこちらの2冊。






ノバク・ジョコビッチ
三五館
2015-03-21





寝食のうち



ほぼ決まった時刻に

わたしに合っているものを

食べてるつもり。

(ごはんと味噌汁!)




なので課題は




実践あるのみ!と思い、

22時就寝・4時起床を

目指してます。




4時起きの現状は・・・
















現状こんな感じです。









4時に起きると

活動時間を

しっかり確保できます。




仕事が進むし、

満足度も高い。




そして

21時ぐらいには

寝る方向へ

自然とからだが・・・。




この本に出会ったとき



4時起きなんて・・・

(((( ;゚д゚)))

と思ったけれど、


無理と思ったら

なにも変わらない


なにかを変えるには

行動あるのみ



と考え直して

わたしの決まりごとを

つくりました。




21:00に

パソコンとスマホを

片づけて、

(現状◯)




21:30に

布団に入り

本を読んで、

(現状✕)




22:00に

寝て、

(現状△)




4:00に起きる。

(現状△)




まだ試行錯誤中ではあるけれど

からだのリズムは

確実に変わってきています。




からだを整えて

時間の使い方を工夫する。




そうすると

働き方(各自の役割の果たし方)は

おのずと変わるという

思いは強くなる一方です。




4時起きを目指すことを

続けます!



(ごはんと味噌汁の食事も!)




最後まで読んでくださり
ありがとうございます。

それでは、また明日!




・~・*・~・*・~・*・~・    
こちらも更新しています!
よかったら見てください😊

◆ Instagram